· 

世羅町墓石施工工事②ブロック積み

本日は新墓地のブロック部分に一段新しく積み増しを行っていきます。

天端が化粧モルタル仕上げしてありますので、それを斫り取り、5%の勾配で積み足します。

 

丁張をしてみると、積んでから時間が経っている事もあってか、そもそも適当に積んであるのか、格段の勾配がまちまちだったり、直線に据えられてなかったり、高さが3㎝程度違っていたりとしていることが分かりました。

 

 

天端を斫り取ってみると、モルタルが詰めてありませんでしたので、それらをモルタル詰めます。

続いて差し筋をしていき、強度をあげます。

既存の物に施工をしていくので、出来る限りのことをしていきます。

土留めブロックであるならば少なくとも鉄筋などを使用しておかないと、土圧に耐えられず部分的に崩れる恐れも考えられます。

ブロック一段の高さに対して1センチメートルの傾きを付けています。天端は横筋を入れております。土圧のかかる下のブロックは既設の為横筋は入れられませんが、天端も含めて強度を出せる事を期待しています。

角のブロックは勾配の調整の為天端をカットしてあります。

目地圧さが物凄いことになっていて仕上げも綺麗ではないので、後日補修材で綺麗に仕上げていきます。

 

次回は2か所目の墓地のお墓の基礎工事をしていく予定です。