· 

世羅町墓石施工工事③鉄筋コンクリート基礎

本日は墓石の基礎コンクリート打設に伺いました。

所定高さまで掘削して、ランマーで締め固めていきます。

締めてみると、かなーり緩い地盤だとわかり、ランマーが沈み込むような場所もありました。恐らくこの墓地を作った際に締固めていなかったのだと思います。

しかも少し粘りもありましたので、締固めしすぎないようにして、グリ石と砕石で強い地盤を作っていきます。

砕石敷き均し後、10cm圧になるまで転圧していきます。

お墓2基分の面積です。

 

粘度性の強い一部分にグリ石を入れて締固めています。

型枠設置後、被り厚6cmで10㎜異形棒鋼を配筋していきます。普段はお墓一基、墓誌一基分の生コンなので現場練りがほとんどなのですが、今回は生コンプラントに0.3㎥取りに行きました。強度21、スランプ8、砕石20㎜です。

 

バイブレーターを使用して空気を抜いて詰まったコンクリート造りをしていきます。

 

毎回ですが、見えない部分ではありますが基礎は手を抜かないように。転圧、砕石、鉄筋、被り厚、生コンクリート、バイブレーター使用、行っていきます。