· 

世羅町墓石施工工事⑤お墓の解体

本日は既存墓石の解体工事に伺いました。

通常はカニクレーンを使用するのですが、高レベルの難所の為、移動式クレーンを設営して解体、移動をしていきます。

既にお墓のお骨はとり出してあるので、解体、移動に入らせて頂きます。

 

とはいえ、クレーンの部材を自力で運び、組み立てるだけで半日仕事、部材事態もかなりの重さがある上、場所も勾配のきつい場所なので体力的にきつく、なかなか進みません。

 

何とか画像の様に組み立てて、スタートです。

説明しづらいですが、運搬重機に移す事が出来るように、移動クレーンの片側の足を一段下の墓地に設置し、そこにお墓を下ろしてから更に運搬重機に3脚で積み込むという段取りになります。

機材がわちゃわちゃしていますが、なるべく効率的にできるように考えているつもりです。

慎重に、丁寧に作業をしていき、部材を運搬していきます。

墓地までの道中も険しく、アルミブリッジと枕木を組み合わせて道を作っていきます。勘とイメージがかなり大切になってきます。

この場所以外にも合計3か所道を作っています。

ゆっくり、ゆっくり確認しながら道を作り、更にゆっくりゆっくり移動させていきます。

2日間かけて全ての部材の移動とクレーンの解体等を行いました。

墓地も整地しております。

持ち帰ったお墓をクリーニングしてから据え付けに入ります。