· 

世羅町墓石施工工事⑩仕上げ工事

本日は最終工事に入ります。

前回防草施工まで行いましたので、その上に踏板石をモルタルで据付け、その後化粧仕上げに粒の大きな洗い真砂土を約2㎝分敷き均していきます。

 

表面がこの防草真砂土でも問題はないのですが、自然な景観を持たせるために化粧仕上げをしています。

洗い真砂土を敷き均し、古墓を据付け、お墓の目地を入れて汚れなど無いかの確認などを行って終了です。あとは線香蝋燭立が入荷し次第据え付けて完了となります。

 

先祖墓は中国黒龍江省産K12、既存の夫婦墓は約35年前に自社製造、据え付けした韓国のK谷城(コクソン)という青みの強い御影石を使用してあります。

文字の色については最近は汚れの目立たない黒色を入れる事が多いのですが、Kコクソンはかなり濃い色なので、白色にさせて頂きました。日当たりのよい立地なので苔などは生えづらいとは思います。

クリーニングを行う事で、本来持つ色、艶が戻り、お客様にもお喜びいただく事が出来ました。

K12も十分青みの強い色なのですが、それよりももっと濃い青色の石がKコクソンです。経験上、経年による色ムラが出る石だというイメージがありましたが、このお墓に関してはそれが無く、綺麗な石目のままでした。

 

立地もよくなり、お墓参りもしやすくなったと思います。

今回はお墓の解体やお骨上げ、御納骨に際しては施主様も立ち会われて行いました。施主様も一緒にお墓造りに携わって頂くといういう意味あいや、セレモニーとして、また思い出作りに。。。

現場の作業にお立会いいただく事についてはお客様のご要望にはなるべくお応えしていきたいと思っております。

字彫の体験等もしてただくことも出来ますので、こちらからも今後提案などしていきたいと思います。

 

有難うございました。