· 

府中市上下町松崎墓石施工工事⑭

本日は日曜日ですがお伺いして防草真砂土の施工を行いました。

 

前回の工事で墓地のブロックと階段石は施工完了し、真砂土の転圧と敷き均しを行っておりました。

 

防草真砂土4㎝、表面の化粧真砂土2㎝で施工するので、真砂土は天端から6㎝下がりで決めております。

25㎏入りの袋を約20袋使用しております。

施工手順通り、しっかりと転圧しながら施工します。

そうしないと後々割れたりする恐れも出てきます。

転圧施工した後は散水をして固めていきます。

防草真砂土が表面でもいいのはいいのですが、この材料の欠点として、施工後に苔が生える場合がある、自然な景観を少し損なう、という点があります。

今回の墓地は日当たりも風当たりも良いので苔の心配はなさそうですが、景観の面を考慮して化粧真砂土を施工させて頂きます。

 

散水も何度も行う事で下の層まで水分を行き届かせて固まらせます。

続いて化粧真砂土を施工し、踏板石、物置石をモルタル施工しました。

残すはブロックの天端の仕上げと墓地周囲への砕石の敷き均しとなります。