· 

府中市上下町井永墓地造成工事⑤

本日は府中市上下町で墓石、墓誌の基礎工事の準備を行いに伺いました。

墓地敷地面に真砂土を搬入してランマーで締め固めていきます。

経験上たまに、墓地造成工事した際に締固めが不足している為、経年により墓地の沈み込みが起きたり、その上に置かれている踏板石などの石材が傾いたりしている事があります。締固めをする事により、2割程度沈み込むため、必要な真砂土が多くなってきます。締固めをしない事で真砂土が少なくて済む上、転圧する時間も省けるのでコスト的には安くなりますが後々問題が必ず出てきます。

そういった事の起こらないようにしっかりと締固めを行っていきます。

続いてカロートを据え付け後、巻石の丁張をして基礎コンクリートの型枠設置を行っていきました。

生コンクリート打設をするにはぎりぎり間に合いそうな時間でのありましたが、次回に持ち越しとさせていただきました。

 

切り込み砕石10㎝、鉄筋は10㎜異形丸鋼、20㎝m以内のピッチ、被り厚6cmで組んでいます。