· 

世羅町東上原墓石施工工事②

今回は引き続き世羅町東上原で工事です。本日より墓石施工工事に入ります。先日打設したコンクリートの型枠を外します。

バイブレーターと型枠たたきを行いましたので詰まったコンクリートとなっています。

五輪塔の後ろに据え付ける旧墓の棹石を置く台石を据え付けます。

 

今回の墓地は表面に敷いてある砂利が5㎝以上ありましたので、台石は2枚重ねで行くことにしました。

続いて芝台を据え付けていきます。

事前に骨壺のスペースの確認もしておりましたので綺麗に収まりました。骨壺のスペースと合わない場合は二段式に変更したりという対応をしていく事になります。

芝台と下台は耐震ボンドと目地テープを使用、下台と棹石には耐震ボンドと免震パットを使用しています。

墓誌もモルタルで据え付けていきます。笠や柱などの部材からなるのですが、ボンドでしっかりと組んである為、解体をせずに移動据え付けをする事が出来ました。

 

時間的にはまだ余裕があったのですが、まさかの雨がぱらつき始めましたのでやめにしておきます。

石が濡れているとボンドが接着しない

お墓を挟んで吊るクランプが滑ってしまいとても危険

という事でお墓工事に雨は大敵です。