世羅町寺墓地施工風景

本日から世羅町の寺墓地にて墓石施工となります。

先日元の墓地から一度解体して工場に持ち帰らせていただいた五輪塔と、 大島石での1尺2重敷石タイプの五重台墓石、法名碑の施工をさせて頂きます。本当にありがとうございます。


まずは敷地面を締めたあと、

巻石と外柵の施工から始まります。

墓地を作る際は必ず丁張(ちょうはり)という、施工を効率よく、また誤差を極力少なくするために墓地の水平と直角を出す作業を行うのですが、今日はそれに時間がかかりすぎ。。。

巻石の前部分のみで終了です。。。


明日の雨予報も考慮して養生をして帰ります。