世羅郡世羅町墓地造成工事7

本日も引き続き世羅町別迫での墓石施工工事になります。


まずは墓石周囲の巻石内に真砂土を搬入し、防草施工を施し、化粧として五色石を敷き詰めました。色が濃い目の墓石なので五色石ともメリハリが効いて綺麗です。

無事灯篭、石製物入れ、塔婆立、納骨堂の穴蓋、花立、経机を設置して終了です。灯篭は最近は据え付けられる方が少なくなってきましたが墓地全体としての存在感を増してくれるという意味で好きです。

ただ据え付けるのには少し慎重さがいつもより必要です。部材が7つに分かれている為それらを重ねていく途中、耐震用のボンドが硬化しきらないまま上の部材を据え付けると、向きの調整をする際に下の部材も一緒に動いてしまう為です。


物入れの位置はお墓参りをされる際の動線を考慮して、スペースのある墓地奥側ではなく入り口付近にさせて頂いております。


次回は彫刻が必要でまだ据え付けていない棹石とその下の角布団、水鉢、線香蝋燭立てを据え付けさせて頂いて終了となります。

素敵な墓地が完成できそうです。もう少々お待ちください。