世羅町宇津戸墓石施工工事③

本日は世羅町宇津戸に墓石と墓誌の基礎工事を行いに伺いました。

 

今回は土が赤土で少し粘土質であることと、そもそもの地盤が緩買ったこともあり、割栗石を敷き詰めてから目つぶしの切込砕石を敷き、ランマーで転圧して強い地盤を造りました。

通常の墓地だと切り込み砕石だけで十分締まるのですが、緩い地盤だったり粘土質の場合は割栗石を使用しています。更に、隣に川や水田がある場合等、地下水位が高く地面をある程度掘ると水がしみ出してくるような場合は、D-BOXを使用することにしています。(D-BOXについてはこちらをご覧ください)

墓誌の基礎も同様に割栗石、切り込み砕石を使用して転圧して、鉄筋を組みます。

 

基本的には10mm以上の異形鉄筋を使用しています。

 

鉄筋は基本的にコンクリートから5cm程度内側に収まるように配筋しています。

 

あまり外側ギリギリまで配筋してしまうと、水分の侵入などによって鉄筋が腐食してサビて、それに伴い体積が増える事でコンクリートの割れなどに繋がります。

約15㎝厚さで生コンクリートを打設して、バイブレーターでエアー抜きをしていき、しっかり詰まったコンクリートを作ります。

最後に水平に高さを均して終了です。

 

 

養生をして本日は終了です。

 

次回は1週間程度養生を続けた後、墓誌の据え付けと、4つ石芝台の据え付け、旧墓石の台石の据え付けを行う予定です。

お問い合わせ

甲山本店

広島県世羅郡世羅町伊尾

2539-2

TEL:0847-24-0531

FAX:0847-24-0231

 

府中展示場

広島県府中市河南町688-3

TEL:0847-41-8614

 

フリーダイヤル

   0120-10-8614

墓石店