· 

世羅町伊尾墓石改修工事①

本日は地元世羅町に墓石移動工事に伺いました。

画像左側の2基の墓石を手前側に移動をさせていきます。

 

今日は基礎鉄筋コンクリートの打設を行います。隣のお墓と下台の高さを合せるように計算して掘削を行います。

2基分の掘削を行い、転圧をします。

切り込み砕石を約10cm敷き均して転圧、10㎜鉄筋を配筋していきます。

7寸のお墓でも、大きなお墓でも、基礎工事は同じように行います。

今回は個人墓の移動なので、納骨部分は型枠を設けております。

手練でコンクリートを練って打設をします。

 

今回は立地が運搬重機が入る事が出来ない場所でしたので、途中からは一輪車と人力で現場まで運んでおります。

 

お墓の据え付けに関しても3脚を使用しながら行っていく事になります。

棹石への追加彫刻もする予定ですが、持ち帰らず現場彫りになります。

以前は墓地背面の法面の上にカニクレーンを付けてそこから据え付けなどしたらしいのですが、豪雨などの影響でそこまでカニクレーンがたどり着くのも難しく、たどり着いても地面の安定が悪い事からやめております。

泥や落ち葉などの侵入防止と養生としてシートをかけて数日おきます。

そうする事で全体がしっかりと固化する事を期待します。

 

次回はお墓の据え付けに入ります。