三次市甲奴町寺墓地クリーニング、世羅町寺墓地夫婦墓棹石回収

本日は三次市総領町の寺院様墓地に伺いました。ご依頼内容は既存の墓地のクリーニングという内容です。


墓石は他の石材店で施工をされていらっしゃったのですが、後に法名碑は当社にご依頼いただいたお客様です。そのご縁あって、今回のクリーニングもご依頼いただきました。

 

最近はこういった、他の石材店さんからのご指名替えのお仕事も多くなってきている気がします。。。


ご依頼内容である墓石と法名碑の墨入れとクリーニング、灯篭の撤去は昨日終わっているため、本日は巻石のせり出しの修正工事です。

L字金具で留めてはありますが、

それでも土圧により少しせり出しています。

なお通常は巻石の下部分はコンクリートで基礎を作るのですが、それもされておらず、地面との接着効果も得られておりませんでした。自分としても、たかだか約10センチの土圧でも、金具を留めただけだと効果がないのだと実感させられました・・・

巻石を外し、基礎コンクリートを敷き、再度据え直します。

目地に余裕があまりになさ過ぎたため、5ミリほど現場でカットをしておきました。

この目地(部材と部材の繋がり余白部分)が

なさすぎると、コーキング(目地接着)の隙間が少なくなり、例えば地震などで揺れが生じた

場合、石同士がぶつかり合って欠けたりする可能性があるため気を付けるようにしています。逆にあまりに広すぎると見た目的に良くないのでそれも注意が必要ですが。

施工完了です。。。


と、いく予定だったのですが、この後まだクリーニングしたりない部分が見つかり、クリーニング用品を持ち歩いていなかったため後日再度来ることに。


続いては世羅町の寺院様墓地での夫婦墓の文字入れの為の棹石の回収です。


墓地入口は間知石の階段4段分の谷積み、という環境です。

墓地には移動式クレーンの車は入る事が出来ないため、運搬重機と人力での移動です。


画像の様に隣の敷地が空いている為、そこに直接車から重機を移動させます。この様な事は自分のアイデアにはすぐに浮かばないのですが、当たり前のように仕事が進められます。。これも経験ですね。

回収して、既存文字のクリーニング、再度墨入れもさせて頂きます。


庵治石中目、約10年前の建立ですがとても艶が良く、斑も上品にでていて綺麗な石でした。


因みにこちらのお墓も元々は他の石材店さんの建立でしたが、当社にご縁を頂きました。


ありがとうございます。

お問い合わせ

甲山本店

広島県世羅郡世羅町伊尾

2539-2

TEL:0847-24-0531

FAX:0847-24-0231

 

府中展示場

広島県府中市河南町688-3

TEL:0847-41-8614

 

フリーダイヤル

   0120-10-8614

墓石店