同業者からの営業電話

この1か月強くらいの間に2件、府中市にある展示場に同業種からの営業電話がかかってきました。

お墓の据付け手伝いますよ、とか、不要な石材の回収しますよ、といった協業的な営業電話ではなく、

ただ単に一般消費者だと思い込んでの営業電話。

 

一件は先月、広島市の業者から。先日は岡山県の業者から。

 

電話に出てからしばらく一方的に話される中で、ん?ん?と。

うちが墓石屋だと分かってかけてます?と。間違いなく分かってないと思われるトーク内容。

どうやって電話番号調べてるんだろうか。。一応、有限会社石の店沖 府中店 として電話番号も登録してるし、屋号見ればわかると思うんだけど。。。

 

ちゃんと調べてね、と思うと同時に、そんな遠方から営業電話がかかってくるようになったかと怖くなった瞬間でした。

うちの様に小さな小さな会社とは違って、営業職や現場部隊を何チームも持つような会社にとっては、何としてでも仕事をつくらないといけない状態なのはよくよく理解できますが、こんな遠方にまで営業電話を掛けるという事は、それだけ厳しいのだろうという事。

まぁ、このコロナの自粛の影響で営業活動が出来ないという事が大きな要因だと思いますが。

 

更に思う事。

そうやって遠方から仕事をとるんだったら、責任もってアフターサービスに応じてね。

良くそういった業者で工事をされたお客様からうちに依頼があるので。

うちにとってはお仕事させてもらえて有難いけど、お客様にとってはとても不親切だと思いますよ。

 

三方よし。

売り手よし、買い手よし、世間よし。

会社と従業員を守るという事は本当に大切だと思いますが、お客様に対しても同様に大切に思う事、そしてその結果、

このお墓という文化、風習を残す事でご先祖様への感謝の気持ちを持つこと等を形にして残していくという社会的な貢献、

買い手、世間も良くなるようにしなければいけないと改めて思いました。

0 コメント

立春

今日は立春、昨日が節分。今日から暦のうえでは春です。そして新たな一年の始まりでもあります。数え年の数え方などは立春を境にされる事もあります。

こういった節季以外にも、吉日や凶日などを機にされる方もいらっしゃったり、高島暦を読まれる方もいらっしゃいます。

 

お墓を建てられる際は、こういった事を気にされる方もいらっしゃいます。今年の自分の年まわりが悪いから次の年の節分以降にするという事で施工期間の変更になる事もあります。

 

我が家はおじいさんが高島暦を毎年購入していて、今では父親に引き継がれています。商談の際にはお客様に応じて高島暦の情報を提供したりしています。

 

自分自身は全くそういった事に疎い為、話をされても???という感じなのですが、やはりお客様が気にされている以上は少しは勉強をする必要があると思い、少しずつですがネット検索などをするなどの程度ですが勉強しています。

0 コメント

職人の仕事


続きを読む 0 コメント

蓮華の形

続きを読む 1 コメント

世羅町に新しい墓石展示場が出来ていました

今日とある用事で会社から車で15分くらいの世羅町中心部に行った際、いつもは空き地になっていた国道沿いの場所にお墓の展示場が・・・通り過ぎながら見てみると岡山、広島県南東部で支店を多く出しているこの界隈では大手の石材店でした。ついに世羅にも営業主体の大手が出てきたか・・・と多少の危惧をしつつ、その場所は私がいつか展示場を出したいと思って目を付けていた場所だったので、余計に悔しい思いでした。

そして帰ってその話を従業員にすると、新聞折り込みに本日オープンというチラシが入っているとの事で確認。やはり大手石材店で間違いありませんでした。

ただ、チラシの石材名にやはり分かりにくさが・・・中国産なのかの明記がない石材や、通称でつけられた石材名のお墓など、消費者にとっては分かりづらい内容が少しありました。


ま、とにかく地元の石材店が、もっと頑張らないといけないという事です!!

やっぱり地元の沖さんところがいいと言ってもらえるよう、頑張ります!

1 コメント